農機具の電動化は必要なこと

農機具26

農機具には様々な物があります。昔は人の力で使う物や家畜の力を使っていくものなどが多くありましたが、最近は電動化されているものが増えています。技術が発展したという事ももちろんですが、農業を今後も続けていくうえで欠かせないことという事も言えるのです。

どのような変化から電動化が必要になっているのかを見ていきましょう。


日本の農業は衰退していく方向へ

以前は日本において、農業は大きな産業として認識されていましたが、現在ではそういった意識が薄れてきています。食料自給率などを考えれば農業を発展させることは重要なことだとはわかっていても、自分が農業に従事したいかというとそうでないという方が多くなっているのです。

農業はかなりの重労働になりますし、生きているものを育てているという事から休みがありません。こうしたことが若い人の職業選択から農業を排除してしまうという事につながっていくのです。そのため、後継者がいない状態で農業を辞めざるを得ないというケースも増えています。

それを放置してしまう事で、農業はますます廃れて行ってしまうことになるのです。このままでは日本の食の安全にも影響してきますし、何かあった時に輸入が難しくなれば食糧危機に陥ることになります。だからこそ、農業に就く人を増やしていくための取り組みは必要となるのです。

その大きなポイントとなるのが、農機具の電動化です。

電動になることによって体力を使う場面が大幅に減ることになれば、労働として魅力的なものとなっていくことが期待できます。こうした形で農業の負担軽減をしていくということがこれから必要になっていくのです。

人手不足をカバーするために

農機具35

農業に携わる人はどんどん減ってきています。それによって農業が立ち行かないという事も現実的に生じてきています。力が必要な仕事では、男性の手が無いと難しいことがありますが、男性は一家の大黒柱として仕事をしているという兼業農家も多く、農業の作業自体は女性や高齢の家族が行う事も多くなります。

そうなるとやはり続けていくことが困難となり、農業自体を諦めてしまうことにもつながっていくのです。このような状況が続けば農業は衰退していくことになります。そこで、農機具を電動化することによって、力の少ない女性や高齢の方でも作業を進めるということが出来るようになります。

田植えや刈取りなども以前は多くの人を一時的に必要としていましたが、今は人を集めること自体が難しくなっています。そのようなときも農機具が電動化されていることで、少ない人数で作業を進めることが出来るということになり、農業を続けることが出来るようになる所も多くなっていくでしょう。

単に便利になるというだけではなく、少ない人数や力でも乗り切ることが出来るという事は大きなメリットとなっていくのです。

正確に作業ができるという事もメリット

農機具を電動化することによって、力のいる作業が必要なくなるという事はもちろんですが、それ以外にも大きなメリットがあります。それは正確に作業を進めることが出来るという事です。例えばまっすぐに田植えなどをしたいと思っても、人の力で作業をしているとまっすぐにならないという事もあります。

その点、電動農機具を使う事でスピーディーに、正確な形で植えることが出来るのでまっすぐになり、後で管理などがしやすくなるという事もあるのです。こうした点は大きなメリットと言えます。また、収穫物の分類なども機械を使う事によって正確に、人の目で走ることが出来ない部分までカバーできるようになるということがあります。

人の手ではできないことというものもたくさんあるので、そこをどのようにカバーするかという事を考えておく必要があります。その時に農機具の電動化という事は大いに役立ってくれます。農業を維持するというだけではなくより高いレベルのものにするために、電動化という事は役立つこともあるのです。

こうしたことも今後の農業の在り方を考えていくうえで必要なことと言えるでしょう。

かっこよさから農業への興味を抱くことも

農業を続けていくためには、後継者となる人を多く作っていくということが必要になります。子供たちや若い人たちに対して魅力的な部分があることで、興味を持ってくれて将来の農業従事者になっていくという事も期待できます。

そういった人たちに憧れてもらえるような何かを作っていくことが、今後の農業を左右するという事につながるかもしれません。その点で農機具が電動化されていると、魅力を感じてもらいやすくなるということがあります。

特に子供たちや若い男性は乗り物やメカニックに興味を持つことが多いようです。農機具も最近は見た目にこだわったかっこいいデザインのものも増えていて、興味を持ってもらいやすくなっているのではないでしょうか。体を使った重労働というイメージから、運転操作などの作業をイメージする形に変わっていくことによって、農業への就業を考えるという方も増えてくるのではないでしょうか。

農機具の電動化がより進んでいけば、農業自体の働き方も変わっていく可能性があり、興味を持ってくれる人がどんどん増えていくはずです。

農機具のミニチュアに注目が集まる背景

農機具の進化が農業の未来に関わっていく

農業を振興させるというための方策はこれまでもいろいろな形で実施されているはずですが、なかなか結果として実を結んでいません。この先日本の食という事を考えていく中で農業の振興は欠かせないポイントとなります。

従事者の減少にどう対応していくか、より良い農作物を作るためにどのようなことをしていけばよいのかという事を考えていく中で、一つの選択肢となるのが農機具を電動化するという事なのです。それによってカバーできることが多くあるため、取り入れやすくしていくことを考えていく必要があります。

農業自体の研究に加えて、農機具の開発といった部分にも力を入れていくことが今後の日本農業を左右していくことにつながっていきます。機械の開発というと農業とは大きく離れた分野のように感じるものですが、農機具が進化すればそれだけ農業に係る労働に与える影響は大きく、大きなつながりがある物としてとらえることが出来るのです。

費用の問題などについては個人や一企業だけでとらえられるものではないこともあるので、国全体で考えていく必要というものも出てくるでしょう。