コバシの農機具の良さとは

農機具11

コバシといえば、農機具メーカーのパイオニア的存在として有名です。参考元…農機具買取 ... 農機具高く売れるドットコム

稲作はもとより、野菜や麦、大豆などとありとあらゆる農作物を栽培する農家にとっての強い味方として長きにわたって活躍しています。トラクターやコンバイン、草刈り機などの誰もが知るような農機具はもとより、耕うん爪のようなコアな製品でも実力を発揮します。

その詳細を見てみましょう。

農機具メーカーではトップクラス

コバシは農機具メーカーの中でもトップレベルという呼び声が多くあがるほどの人気メーカーとして知られます。農家はもとより、農業に携わる人なら誰でも知っているほどの存在感があることでも有名です。農機具といえば、多くの人がトラクターやコンバイン、草刈り機などを思い浮かべるのではないでしょうか。

確かにこれらの農機具は、テレビやネット上でも見かける機会が多く、馴染み深い存在といえるかもしれません。しかしながら、農機具はそのような代表的なものではなく、サイズの小さなものまであります。コバシが多くの信頼を勝ち得ているのも、ありとあらゆる農機具のラインナップを取り揃えているからです。

農家や農業関係者以外の人にとっては、農機具に対する興味関心を抱くという人は極めて少ないといえるでしょう。一概に比較することはできませんが、自動車などと比べれば、その関心度合いはかなり低いと言わざるを得ません。

自動車のように流通量が多くないため、農機具の価格は高めになってしまうことが少なくありません。これは、農機具に限った話ではありませんが、一般的に流通量が少なければ少ないほどに値段が上昇する傾向にあります。

大量生産やオートメーション化による恩恵を受けることができないことを考えれば、仕方ないといえます。

耕うんトルクの解消がカギ

コバシ製品が人気を集めているのは、ただ単にリーズナブルな価格だからということが理由ではありません。機能性についても申し分ないほどの実力を兼ね備えていることも、支持を集める原動力となっています。また、コバシ製品の代名詞ともいえるのが、低燃費性能です。

低燃費を謳う農機具メーカーは多数ありますが、コバシほどに真実味を帯びているメーカーは他に類を見ないといっても過言ではありません。低燃費が実現することになれば、コストカットにつながります。農家の運営にも一役買うこと間違いなしです。

耕うんトルクについてご存知の方は少ないかもしれません。耕うんトルクとは、農家にとっては避けたい事象の一つであり、端的にいえば農機具の爪がねじれることで、修理や交換を余儀なくされることにつながります。地面を耕す爪の部分にかかる力をいかに軽減することができるかで、農機具の寿命が決まることになるのです。

コバシでは、多くの農家の懸案事項である耕うんトルクに真正面から取り組むことにより、画期的な製品の開発に成功しました。独自の爪形状で、一度に多くの土を耕すことができるものの、その際に爪にかかる負担を軽減することで、農機具自体の寿命を伸ばすことが可能に。

この爪については、多少価格は高めになりますが、その効果の大きさもあり、多くの農家から高評価が寄せられています。

土を知り尽くすことから始まる

耕うんトルク削減を実現する爪の開発など、コバシ製品の持つ力は絶大です。コバシ製品を導入することにより、爪の交換の回数自体が減ったなどの喜びの声も多く聞かれるなど、好意的な流れが生まれています。コバシ製品がこのように優れた製品を多く世に送り出すことができるのも、農家の基本ともいうべき、土の特徴についても徹底的に研究しているからといえるのではないでしょうか。

農機具メーカーに求められるのは、土を知り尽くしていることです。むろん、地域性や風土によっても異なりますので、一概にいうことはできませんが、その土についての研究を積み重ねることで、より良い農機具を作ることができます。

コバシが提供する「ゼットプラスワン」という耕うん爪は、知る人ぞ知る人気製品です。数多くのヒット製品を世に送り出しているコバシですが、「ゼットプラスワン」もその代表格といえるでしょう。その特徴として、土に対して抜群の反転をすることで、どんどんと土を耕すことが可能です。

なんといっても、その独特なフォルムが驚異的ともいえるほどの機能をもたらします。最小限のパワーでありながらも、最大の結果を出すことができるという優れものです。

ネット時代も追い風にしたコバシ

ネット時代の到来もあり、農機具の販売についてもネット上で頻繫に行われるようになりました。

この点については、農家にとってもプラスといえるのではないでしょうか。従前であれば、決まりきった農機具販売店や農機具メーカーなどから購入しなければならないため、あれこれと製品自体を選択することも難しいというのが実態でした。

しかしながら、ネットワークサービスを最大限に活用できる現代社会では、選りすぐりの農機具の入手も可能です。口コミや評判などを参考にしながら、あれこれと農機具を吟味することもできるでしょう。クボタや井関農機などの日本を代表するような農機具メーカーと互角に張り合っているのが、コバシです。

コバシは、ネット上での販売戦略に重きをおくことで、売上高を伸ばしてきました。稲作や野菜、麦などとありとあらゆる農作物に対応することで、多くの農家の信頼を勝ち得ています。小規模農家から組織的に運営を行う大規模農家に至るまで、形態を問うことなく愛され続けているのも、コバシの強みといえます。

農機具のミニチュアに注目が集まる背景

他には真似できないことも

コバシは数多くある農機具メーカーの中でも、その規模は決して大きくありません。にもかかわらず、トップレベルの人気を保ち続けているのは、やはり、利用者の求めやリクエストに応える姿勢を明確に打ち出してきたからといえるでしょう。

ある程度の小規模経営だからこそ、小回りの利く優良企業といえるのかもしれません。土を徹底的に研究するなどの取り組みは、他の農機具メーカーでは決して真似できないといえるのではないでしょうか。多くのメーカー各社が目の前の利潤追求に走る中、採算を度外視してでも、土の研究を極めようとする姿勢は賞賛に値します。

メイドインジャパンへの期待感がここに来て増していますが、農機具においても日本は世界をリードする立場です。コバシのような小回りの利く企業が業界を牽引することになります。